750名バナー

soarサポーターが750名になりました! #soar応援

いつもsoarを応援していただき、ありがとうございます。この度、soarサポーターとして登録してくださる方が、750名となりました!

画像1

soarサポーターとは「全てのひとが自分の可能性を活かして生きる未来」をつくるため、soarの一員となってくださる会員の皆さまのこと。

soarは、「人の持つ可能性を広げる瞬間」を届けることで、より多くの人に障害や病気を知ってもらい、社会を変える力になりたいと考えています。全国にいる情報を必要としている方たちに、しっかりとその情報を届けていくためには、たくさんの方のご協力が必要です。

私たちは、記事のストーリーに入りこみ、soarの世界観を感じていただくために、美しいデザインにこだわり、メディア上に広告を掲載していません。また、私たちの視点から見た「本当にいい情報」を読者のみなさんに届けるため、お金をいただいて取材をする記事広告を行っていません。そして、情報を必要としている方が、全国どこにいても無料で記事が読めることにこだわっています。

そのため、soarの運営は、共感を寄せてくださる皆さまのご寄付によって行われています。

画像2

ご寄付はサイト運営費、記事制作費、取材交通費等に使わせていただきます。soarは今後もメディア運営はもちろん、さらに新しいことにも挑戦しようと企画中です。10月には、初めてのカフェイベントも開催します。

サポーター数が700名を達成したのは今年の7月。2ヶ月で新たに50名以上の方にサポーターになっていただけたこと、スタッフ一同とても嬉しく思っています。

画像3

みなさんの応援のおかげで、soarは成長を続けることができています。私たちはこれからも、soarに共感してくださる方々と一緒に、誰もが自分の可能性を活かし、生き生きと生きる未来のために本気で行動していきたいと思っています。

画像4

soarサポーターにご登録された方には、以下の特典をご用意しています。

①会員限定メールマガジン
メールマガジンを通じて、soarの活動レポートやお知らせ、会員限定コンテンツの配信(どのような方々に届いているのか等)を行います。

②オンラインコミュニティ
サポーター限定のオンラインコミュニティ(Facebookグループ)にご招待しています。最新の記事、記事の裏側エピソード、soarメンバーによるコラム、soarメンバーおすすめの書籍紹介などをお届けします。誰もが生きやすい社会をつくることについて、コラムを通して皆さんと一緒に考えを深め合うコミュニティです。また、定期的にFacebookオンライン配信も行います。

③会員限定イベントへご招待
soarが年に1,2回東京都内で開催する、サポーター会員限定イベントに参加することができます。


月1000円の寄付から参加できるsoarサポーターは引き続き募集中です!これからも活動を続けていくために、ご支援いただけると嬉しいです。

soarサポーターのみなさんからいただいた応援の声をご紹介するマガジンはこちら

画像5

soarのことをもっと知りたい方は、ぜひ代表の工藤瑞穂が登壇する活動説明会にご参加ください!

今後の活動説明会日程はこちら

【神戸「はっぴーの家ろっけん」で開催!】10/5(土)soar活動説明会〜代表の工藤が活動や目指していきたい未来についてお話します!

【名古屋開催!】10/4(金)soar活動説明会〜目指していきたい未来について一緒に考えませんか?

【11/8(金)開催@東京】soar活動説明会〜soar代表工藤とsoarライターが登壇します!

活動説明会に参加したみなさんからの声はこちら

画像7

soarスタッフ一同、あなたとお会いできることを心より楽しみにしています!

画像6

soarの運営は、サポーター会員のみなさんのご寄付で支えられています。ぜひ月1000円から参加できる「soarサポーター」に参加していただけないでしょうか?

ご寄付はサイト運営費、記事制作費、取材交通費等に使わせていただきます。メルマガの配信、オンラインコミュニティへの参加、イベントへの割引参加などの参加特典も用意しています。詳しくはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

soarを応援いただきありがとうございます!
23
「soar(ソアー)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく活動です。様々なかたちで発信していくことで、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出します。誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を願って。 http://soar-world.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。