見出し画像

心と身体を満たす、“回復の時間“とは?{tabel}新田理恵さん、soar工藤瑞穂と考えました

3/16(土)に「毎日の“回復の時間”の過ごしかた」をテーマにしたイベントを開催。多くの方々にお越しいただき、満員御礼となりました!

soarでは昨年から、ブレンドハーブティー「soar tea」の販売をしています。私たちはこれまで記事を通して回復の物語を届けてきましたが、「香りや味で、心も体も優しさで包まれる瞬間を届けたい」という思いから、「soar tea」の開発に至りました。

今回のイベントにお招きしたのは、「soar tea」の監修を行った伝統茶ブランド{tabel}代表の新田理恵さんです。soar代表の工藤瑞穂とともに、心と体の回復のために大切にしていることや、「soar tea」に込めた思いについて、語り合いました。

イベントの前半では、soar teaを作り上げた新田さんと工藤から、soarと{tabel}それぞれの活動を紹介。

後半は、新田さんと工藤によるトークセッションを行いました!情報を発信することで回復の物語を届けてきたsoar、お茶を通して香りや味で回復の時間を届けてきた{tabel}、それぞれの視点から「回復」を語ります。

「回復とは『元の状態に戻ること』だけではないと、soarでは考えています。よりよい状態になること、失くしたものとは別のかたちで心を満たすこと、新しい生き方を編み直すこと、尊厳が生まれること。捉え方で回復には様々な解釈があると思うのです」(工藤)

工藤からは、回復のための様々なアプローチ方法もお伝えしました。例えばsoarでも以前、新井陽子さんにお話頂いたイスラエル発のストレスケアのアプローチ「BASIC Ph」について。

「BASIC Ph」とは、回復する力を引き出すための6つのストレスコーピング(対処)チャンネルの頭文字をとったもの。「信念」「感情」「社会」「想像/創造」「認知」「身体」の6つです。人は誰しもこの6つのチャンネルを持っていて、生き延びるために、いろんな対処をやりながら生きているのだと、新井さんの言葉を紹介しました。

また、工藤が自身の日々の回復のために、工夫していることの1つとして挙げたのが、「モーニングページ」。毎朝、ノートに自分が思っていることやその瞬間に浮かんできたことを書くというものです。それに加えて、その日の体調や気分など弱さの情報公開をする「チェックイン」、「べてるの家」を参考に始めた自分の困りごとや生きづらさを共有して研究する「当事者研究」などを、soarでも取り入れていることも紹介しました。

新田さんからは身体的な回復をメインにお話していただきました。

「科学的に言うと、『からだの健康』とはホメオスタシス(恒常性維持機能)を保つことです。睡眠時間や食事時間を決め、一定の生活リズムを保つことで、からだの回復効果を倍増することができます」(新田)

「ホメオスタシスを保つ」ために必要なことの1つとして挙げていたのが、自律神経を整えること。朝日を浴びて体内時計を調節すること、深呼吸をすることが、自律神経を整えるために効果があるそうです。

新田さん自身は、自律神経を整えるために「空っぽの時間」を作ることを意識しています。常に何かを考えていると、脳が疲れしまうため、新田さんの場合はお茶を飲んで、ゆっくりと味や空気感を味わう5分間を作っているそうです。5分経つ頃には頭の中がすっきりしていると話します。

他にも、消化はフルマラソン1回分ものエネルギーを使うと言われているため、就寝の4時間ほど前までに食事を終わらせること。揚げ物など消化しにくいものは夜は出来るだけ避けているなどの工夫も伝えられました。

イベント中、「soar tea for morning」が振舞われる場面も。温かいハーブティで身体を満たしながら、参加者同士でトークやディスカッションを通してそれぞれの回復の時間を分かち合いました。

「回復の時間を理論的に学び、考え直せる機会になった」

「BASICPhの話を聞いて、自分以外の人の反応も理解してあげたいと姿勢が生まれた」

参加者の方からはこんな感想をいただきました!

イベント終了後もたくさんの方々が笑顔で交流している様子が見受けられ、爽やかな朝の時間を過ごすことができました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

soar teaに込められた想いを工藤と新田さんが語った記事はこちらから

soar teaは、朝に飲んでいただくことをイメージした「soar tea for morning」、そして夜には「soar tea for night」。この2種類のお茶で毎日に回復の時間をつくってもらいたいと思っています。

また、このお茶の箱の中には一冊の回復のストーリーブックが入っています。これはsoarのメディアに掲載された、困難や人との違い、悲しみから回復のプロセスを歩んでいった方の記事を1000文字のショートバージョンに編集したもの。

「お茶を飲みながらこのストーリーブックを読むことで、誰かの生き方に出会ってほしい」

そんな想いがこもっています。soar tea for morning、soar tea for night 共に1箱950円で、こちらのサイトより購入することができます。みなさんの日常に、そしてみなさんの大切なひとの日常に、soar teaが優しい光を差してくれますように。

*****

soarの運営は、サポーター会員のみなさんのご寄付で支えられています。ぜひ月1000円から参加できる「soarサポーター」に参加していただけないでしょうか?

ご寄付はサイト運営費、記事制作費、取材交通費等に使わせていただきます。メルマガの配信、オンラインコミュニティへの参加、イベントへの割引参加などの参加特典も用意しています。詳しくはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

soarを応援いただきありがとうございます!
15

soar

「soar(ソアー)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく活動です。様々なかたちで発信していくことで、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出します。誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を願って。 http://soar-world.com

soarからのお知らせ

イベントの登壇情報やオンラインでのLive配信など、soarからみなさんへのお知らせをまとめていきます。 http://soar-world.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。