見出し画像

12月25日(金)21時〜22時、 #soar応援 キャンペーン最終日!ライブ配信を開催します!

11月25日よりスタートした、soarサポーター入会850人を目指す「 #soar応援 」キャンペーン。これまでの新規サポーター入会数は50人を越え、現在の総サポーター数は839人となりました。目標の850人まで、あと11人です!(2020年12月24日現在)


たくさんのシェアや応援のメッセージ、本当にありがとうございます!

メンバーや読者の皆さんからの #soar応援 コラムはこちら


入会キャンペーンの最終日となる12月25日(金曜日)21時から22時に、再度#soar応援 オンライン配信ライブを実施します!

配信は、soarのTwitterアカウントとFacebookアカウント両方で行います。アカウントをお持ちの方は、配信中にぜひハッシュタグ「#soar応援」をつけて応援の投稿をお願いします!

当日はsoar代表の工藤瑞穂と、事務局スタッフの河野奈保子と越智えり子が、サポートしていただいたみなさまへの感謝の気持ちをこめて、キャンペーンの現在までの経過のご報告や、今後のsoarの活動についてをお話する予定です。

ぜひお気軽にご参加ください!そして最後まで応援よろしくお願いします!

<開催概要>

soarハッシュタグキャンペーン「#soar応援」ライブ配信

開催日時:2020年12月25日(金曜日)21時00分〜22時00分

参加方法:soarのTwitterアカウントまたはFacebookアカウントをフォロー →LIVE配信の通知が届くのでそちらからご参加ください。

登壇者プロフィール

工藤瑞穂
1984年青森県生まれ。宮城教育大学卒、青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了。仙台の日本赤十字社で勤務中、東日本大震災を経験。震災後、「小さくても、わたしはわたしにできることを」をコンセプトに、仙台で音楽・ダンス・アート・フードと社会課題についての学びと対話の場を融合したチャリティーイベントを多数開催。地域の課題に楽しく取り組みながらコミュニティを形成していくため、お寺、神社、幼稚園など街にある資源を生かしながら様々なフェスティバルを地域住民とともにつくる。2015年12月より、社会的マイノリティの人々の可能性を広げる活動に焦点を当てたメディア「soar」をオープン。2017年1月に「NPO法人soar」を設立。イベント開催、リサーチプロジェクトなど様々なアプローチで、全ての人が自分の持つ可能性を発揮して生きていける未来づくりを目指している。

河野奈保子
NPO法人soar事務局スタッフ
1980年生まれ。武蔵野美術大学卒業。大学在学時から、地域で多世代が集う学びの場やイベント運営に関心を持ち、実践と研究を重ねる。都内の市民活動支援センター、NPOグリーンズを経て現在soar事務局スタッフ。他にも武蔵野美術大学通信教育課程非常勤講師や、生涯学習講座の新規事業の企画運営等に関わっている。関心分野はコミュニケーションデザイン、ソーシャルデザイン

越智えり子
高校生のときに同性を好きになったことをきっかけに、自身のセクシュアリティ(性の在り方)と向き合うことに。自分の「ちがい」で悩み続けてきた経験を活かしたくて、高校教員、学習塾講師、学童保育現場責任者など小学生から高校生まで現場で関わり、教育系NPO法人では広報・ファンドレイジングを担当。現在は、NPO法人soarの事務局スタッフとして、一人ひとりが自分の可能性を信じられる勇気を届けたいと奮闘中。

****
寄付のお願い

画像1

soarの運営は、サポーター会員のみなさんのご寄付で支えられています。


ぜひ月1000円から参加できる「soarサポーター」に参加していただけないでしょうか?ご寄付はサイト運営費、記事制作費等に使わせていただきます。


会員のみなさんはメルマガの配信、オンラインコミュニティへの参加、特別イベントへの参加などができます。詳しくはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
soarを応援いただきありがとうございます!
3
「soar(ソアー)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく活動です。様々なかたちで発信していくことで、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出します。誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を願って。 http://soar-world.com