見出し画像

9月8日(火曜日)soarが「公開編集会議」を初開催します!

NPO法人soarが運営する「人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく」メディア「soar」が、初めての公開編集会議を開催します!

「soar」は、障害や病気、貧困や格差など、様々な困難に出会った人たちをサポートする活動や、困難のなかでも自分らしく生きる人々のストーリーに光を当て、情報として届けています。

2015年12月にオープンし、現在は月間で30万人、年間で280万人以上の方に読んでいただくメディアへと成長しました。

今後も様々な困難とそのサポート活動について情報を届け、「困ったときにsoarを読めば必ずサポートが見つかる」と人々が安心して頼りにできる「情報のセーフティネット」になっていきたいと考えています。

そこで、読者のみなさんの声を聴き、「soar」について一緒に考えることでよりよいメディアをつくっていきたいという思いで、公開編集会議を開催することにしました!

前半は、編集部メンバーから「soar」の編集方針をお話ししたり、普段の会議のような記事の企画のディスカッションをします。

後半には、参加者のみなさんから記事への意見や、今後soarと一緒に考えていきたいテーマや気になるニュースなどをシェアしていただく時間も設けます。

みなさんからいただいたご意見、ご感想は今後の記事づくりに活かしていきます。

今後の「soar」について編集部メンバーと一緒に考えたい方、「soar」の記事づくりに関心のある方はぜひご参加ください!

***

<日時>
2020年9月8日(火)19時00分-21時00分

<会場>
当日使用するツールはZOOMというオンライン会議ツールを予定しています。

※お申し込みいただいた方には後ほど当日のURLをお送りさせていただきます。
※パソコンやタブレット、スマートフォンのビデオカメラとマイクを使用します。

<参加費>
無料

<定員>
100名

<お申し込み>
下記URLよりお申し込みください。
https://peatix.com/event/1572652/view

<タイムスケジュール>
19:00-19:20 イントロダクション
19:20-19:40 soar代表・工藤瑞穂よりsoarの活動紹介
19:40-20:20 工藤とsoar編集部メンバーによる公開編集会議
20:20-20:40 参加者のみなさんからの記事テーマ、感想シェアタイム
20:45-21:00 soarサポーター制度の説明、クロージング

<公開編集会議の注意事項>
・みなさまにもご参加いただくお時間があります。シェアタイムでは、4-5人程度の小グループで対話をしていただき、最後は各グループで語り合ったことを全体で共有する時間を設けます。参加者のみなさんに心地よくご参加いただくため、音声のみの参加、視聴のみの参加も可能です。(申し込み時に参加方法の目安をお伺いしております)

※視覚障害や聴覚障害をお持ちの方、参加する上で心配ごとがある方は、当日スタッフができる限りのサポートをさせていただきますので、下記アドレスまで遠慮なくご相談ください。

連絡先:event@soar-world.com

<登壇者プロフィール>
◎工藤瑞穂
NPO法人soar代表理事・ウェブメディア「soar」編集長

画像1

1984年青森県生まれ。宮城教育大学卒。仙台の日本赤十字社で勤務中、東日本大震災を経験。震災後、仙台で音楽・ダンスと社会課題についての学びと対話の場を融合したチャリティーイベントを多数開催。地域の課題に楽しく取り組みながらコミュニティを形成していくため、お寺、神社、幼稚園など街にある資源を生かしながら様々なフェスティバルを地域住民とともにつくる。2015年12月より、社会的マイノリティの人々の可能性を広げる活動に焦点を当てたメディア「soar」をオープン。2017年1月に「NPO法人soar」を設立。様々なアプローチで、全ての人が自分の持つ可能性を発揮して生きていける未来づくりを目指す。
soar https://soar-world.com/

◎松本綾香
NPO法人soar編集部・事務局スタッフ

松本綾香

1991年生まれ。千葉県出身。大学でダイバーシティマネジメントを学ぶ。卒業後はIT系の会社にてSEとして勤務し、海外システム運用に携わる。2017年4月からsoarに参画。現在は編集部・事務局にて企画、ライティング・編集、リサーチ、イベント運営などを行う。

関心分野は、企業のダイバーシティ、多文化理解、移民、発達障害、移住、食、アートなど。

◎木村和博
NPO法人soar編集部スタッフ

画像3

1991年神奈川県生まれ。桜美林大学総合文化学群演劇専修卒業。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了、在学中の研究テーマは「認知症介護に演劇的手法がどう有効か」。

2019年1月よりsoar編集部に所属。編集者・ライターとして活動。同年4月から平田オリザ氏が主宰する劇団青年団の演出部に所属している。

***

画像4

soarの運営は、サポーター会員のみなさんのご寄付で支えられています。ぜひ月1000円から参加できる「soarサポーター」に参加していただけないでしょうか?

ご寄付はサイト運営費、記事制作費等に使わせていただきます。会員のみなさんはメルマガの配信、オンラインコミュニティへの参加、特別イベントへの参加などができます。詳しくはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
soarを応援いただきありがとうございます!
36
「soar(ソアー)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく活動です。様々なかたちで発信していくことで、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出します。誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を願って。 http://soar-world.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。