見出し画像

「あるべき未来を描いてくれるのがsoarというウェブマガジン」植原正太郎さん/soar応援コメント

①名前
植原正太郎

②所属
NPO法人グリーンズ COO

③なぜサポーターをしているのか
普段は「greenz.jp」を運営しています。社会課題に対峙する非営利メディア事業を行うことの難しさについてはよく理解しています(笑) そして「応援する」ことの意義についても同時に。収益を求めるのではなく、公共的な価値を追求するメディアこそ、一人ひとりが寄付で支える意味があると思ってサポーターをさせてもらっています◎


④好きなsoarの記事

「夫がくれた腎臓が、今の私を笑顔で生かしている」IgA腎症で腎移植を受けたもろずみはるかさんの“愛”の物語

僕の中で「ベスト・オブ・ウェブ記事 2019」を勝手に授与した記事です。読んだ後に言葉にならない想いがこみ上げてきます。そのため簡単な感想を添えることが難しい。ただ、思い出すのは映画「インターステラー」でのアメリア博士の台詞です。

「愛は人間が発明したものじゃない。それは観察可能なもの。パワフルなもの。何か意味があるもの。わたしたちがまだ理解できないものをも意味するもの。(略)もし理解できないとしても、わたしたちは愛を信頼しなくてはならない。」


⑤soarへの応援メッセージ

創刊から5年も経つsoarの成長を見ていると、僕たちの社会は「成熟」の方向に向かっていけているのだと勇気がもらえます。拡大や成長を志向してきたこれまでの社会のおかげで、物質的な豊かさは手に入れることができました。しかし、同時にその延長線上に本当の幸せが無いことに、みんな気づいています。一人ひとりの可能性が輝き、精神的にも穏やかな成熟した社会。そんなあるべき未来を描いてくれるのがsoarというウェブマガジンだと思います。soarの活動をこれからも応援しています◎


*****
ご寄付のお願い

画像1

soarの運営は、サポーター会員のみなさんのご寄付で支えられています。ぜひ月1000円から参加できる「soarサポーター」に参加していただけないでしょうか?

ご寄付はサイト運営費、記事制作費、取材交通費等に使わせていただきます。メルマガの配信、オンラインコミュニティへの参加、イベントへの割引参加などの参加特典も用意しています。詳しくはこちら



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
soarを応援いただきありがとうございます!
7
「soar(ソアー)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく活動です。様々なかたちで発信していくことで、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出します。誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を願って。 http://soar-world.com