マガジンのカバー画像

soar応援の声

83
soarメンバーやsoarを応援してくれているみなさんが、soarに対しての思いを綴ったコラムをまとめています。
運営しているクリエイター

2017年12月の記事一覧

あなたのもとへ優しさを。soar2周年を迎えて思うこと。

2015年12月22日にオープンしたsoarが、本日2周年を迎えました!いつも応援してくださるみなさん、ありがとうございます✨ 2年前、自分が経験した悲しみから生まれた「なんとかしたい!」という思い。そして「知られていない素晴らしいものたちをたくさんの人に広めたい!」というワクワクから始まったsoarが、いつのまにかたくさんの人の協力で大きな広がりとなっていることがとても嬉しいです。 メディアオープンの日にsoarへの思いを綴った記事を読み返してみると、驚くほどあのと

スキ
14

医療の現場を描くライターとして「患者のQOL」を考える/武末明子(ライター) #soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 <書いた人のプロフィール> 武末明子 フリーランス・ライター。医師や看護師などの取材記事、健康系の書籍を中心に編集・執筆。第二子出産を機に、出産、育児の分野にも関心を抱くように。芸術学部出身の元リポーター。 今年も残すところあと2週間。すさまじいスピードで毎日が加速しているような気がしますが、それがすでに恐怖でしかないのですが

スキ
8

編集部であり読者でもある、わたしからみえるsoarの景色/松本綾香(編集部)#soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 こんにちは!soar編集部・ライターの松本綾香と申します。 突然ですが皆さんは「人と違う」ことをどう思いますか? もちろん、人と違うことは当たり前のこと。例えば小学生の時、クラスの皆よりテストの点が良かったら嬉しかったです。でも一人だけ飛び抜けて高い点数を取ってしまったら、なんとなくひけらかすのもなあ、と遠慮してしまったり・

スキ
12

難病の私を救ってくれたのは、インターネットだった/山根優花(インターン)#soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ********* こんにちは!soarインターンの山根優花です。 今回のコラムでは、自分の経験とsoarに対する想い、私の今とこれからについてお話ししたいと思います。最後までお付き合いいただけると嬉しいです! 私は現在、大学2年生で都内の大学で社会福祉を学んでおり、社会福祉という観点から人にアプローチをすることに興味があ

スキ
14

介護の領域から、希望を持てる世界を多くの人たちに伝えたい/野沢悠介さん #soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ****** <書いた人のプロフィール> 野沢 悠介さん 株式会社Join for Kaigo取締役。「介護から人の可能性に挑む。」をテーマに、超高齢社会を主体的に生きる人たちを応援中。 ★介護に想い・関心を持つ若者のコミュニティ「HEISEI KAIGO LEADERS」 http://heisei-kaigo-lead

スキ
7

soarの記事のパワーとsoarで書くこと/倉本祐美加(ライター)#soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ***** <書いた人のプロフィール> 倉本祐美加(ライター) Webマーケティング関連企業でインサイドセールスを行う傍らブログ記事執筆や事例取材活動を行い、2016年11月ライターとして独立。大学時代は100人以上の友人のインタビュー記事を制作。 ***** 「なんて丁寧に言葉が紡がれた優しい記事だろう...!」 は

スキ
10

誰かの空を明るくすること/奥村彰啓(ボランティアスタッフ)#soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ***** みなさま、こんにちは! soarボランティアスタッフの奥村 彰啓(おくむら あきひろ)と申します。慶應義塾大学4年で、専攻は経営学です。また、大学では約300人規模のストリートダンスサークルで、30人のリーダーをしていました。趣味は、ストリートダンス(poppin)とバスケです。 また、ぽじはげ(ぽじてぃぶはげの

スキ
4

「他人ごと」ではなく「自分ごと」として伝えたい/秋定美帆(ライター)#soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ***** <書いた人のプロフィール> 秋定美帆 ライター。広告代理店、雑誌編集部を経て2017年よりフリーランスに。ひとつの「まち」を拠点に、そのまちで頑張る人、そのまちを彩ること、そのまちに根付く息遣いを取材するのが得意。興味分野は町、街、アート。そして精神疾患や発達障害、働き方や働く環境について。 ***** こ

スキ
6

「生きづらさ」がふわっと軽くなるように/井上いつか(編集部) #soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarインターンの私がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ******* こんにちは、はじめまして。井上いつかと申します。普段は言語聴覚士として、何らかの障害や発達に凸凹のあるお子さんの暮らしや学びのサポートをしています。そして、soarでは記事の監修やInstagramの更新などを担当しています。 soarをお手伝いしようと思ったきっかけは何だったけな・・・?と考えていると、小さい頃のわたしと、わ

スキ
12

きっと誰でも、誰かに愛を注ぐことができる/糸賀貴優(インターン) #soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ***** みなさま、こんにちは!soarインターンの糸賀 貴優(いとが きゆう)と申します。私は昨年の9月からボランティアスタッフとしてsoarに関わり始め、今年の9月からインターンを始めています。 今回の記事では、少しばかり私自身の話と、編集部インターン&イベント企画・運営インターンの双方を行なっている中で、私が感じるs

スキ
21

読者として、筆者として「物語が行動を引き起こす」力を感じること/小山和之(ライター) #soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ****** <書いた人のプロフィール> ◆小山和之 フリーランス編集者・ディレクター。1989年生まれ。大学卒業後、建築の意匠設計を経て、Webコンサル会社でディレクター・編集、フリーライターを経て現職。inquire所属。Twitter ****** 読者、そして筆者として、「ひとつの物語が、行動へとつながる」と身を

スキ
8

「知る」を届ける医師を目指して/須藤亜紗実(インターン)#soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ***** こんにちは、soarインターンの須藤です! 2017年も気づけばあと少し。例年のことながら、時の経つ速さにハッとさせられているこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 私は今年の7月からインターンとしてsoarの活動に携わらせていただいています。今回は私がなぜsoarに携わろうと思ったのか、その経緯についてお話

スキ
8

「soar」の記事を読むとき、いつもよりちょっといい人になる。/桜林直子さん #soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarメンバーやサポーター(寄付会員)がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ***** <書いた人のプロフィール> 桜林直子さん クッキー屋「SAC about cookies」経営。あーちん(14さい)の母。 あーちん:現在「たべびと」連載中。http://www.1101.com/tabebito/index.html note:@sac_ring twitter:@sac_ring ***

スキ
16

一歩踏み出した先にみえる可能性/百合本麻莉子(インターン)#soar応援

こちらの記事には、ウェブメディアsoarの2周年に向けて、soarインターンの私がsoarへの思いを綴ったコラムを掲載してます。 ***** こんばんは、soarのインターンをしている百合本麻莉子(ゆりもと まりこ)です!    今回は私がsoarでなぜインターンをしたいと思ったのか、私自身がsoarを通してやりたいことについてお話ししたいと思います。   NPO法人soarに出会ったのは2017年の3月。 Facebookのシェアから見つけた一つの記事がきっかけでした。

スキ
5