#私の回復じかん

5
ノート

自分の「弱さ」と付き合った回復の記録

職場復帰してから4ヶ月が経ちました。会社を休んだのが今年の12月だからやっと半年。やっと。自分が余裕を取り戻して行くまでに、どうやって弱った自分と付き合っていったか、備忘録として書き留めました。以下、常体で失礼します。

***

ふと最近、こんな記事をみつけた。自分のキャパは体力だけじゃなくて、

① 心のキャパ
② 体力のキャパ
③ 頭のキャパ
④ 時間のキャパ

があるのだと。

正直社会人

もっとみる
あなたのスキが励みになります!ありがとうございます!
10

においの魔法

シーツを替えた。
昨日までニトリのNウォームというポカポカ素材のお布団で寝ていたのだけど、そろそろ暑い。

新しい布のにおいがあんまり好きじゃないから、いちばん最初に洗濯をする。
お気に入りの洗剤(柔軟剤入り)を入れて、狙い通りの良いにおいに仕上げる。

シーツのような大物は、干してる時も最高だ。
いちばんにおいが広がる瞬間。
部屋干し派なので、部屋中が最高の空間になる。

部屋中が良いにおいに包

もっとみる

005 ストウブで炊くごはん

私のように、夫婦共働きしている多くの家庭が悩んでいることが、家事のことだと思う。

人を待たせているというプレッシャーからか、お金をもらっているというプレッシャーからか、どうしても仕事を優先してしまう。そしてどんどん優先順位の下がる家事。余白のないスケジュール。まあいいやと見て見ぬ振りする土日。

やらなくてもなんとかなるはずの家事を放置しておく。すると、生活が物理的に回らなくなるだけでなく、なん

もっとみる

ただいま回復中(当事者研究と睡眠)

私は見た目は健康です。内科も外科も病気はありません。けれども精神科にかかっています。「複雑性PTSD」という疾患があり、「双極性障害2型」も併発しているので、もう20年近く実家で療養生活を送っています。外見も声も元気に感じられるので、他者からの理解は今ひとつ得られません。が、病気をオープンにして日々を過ごしています。

長年お世話になっているセラピストの勧めで、昨年秋から「当事者研究」を始めました

もっとみる

「#私の回復じかん」で、毎日をすこやかに過ごす習慣をシェアしよう

あなたの毎日に、ほっとできる「回復」の時間はありますか?

毎日働いたり勉強したり、家事をしたり。日々を過ごしていると、頑張りすぎて疲れが出たり、心の傷つきが溜まって調子を崩してしまうこともあるでしょう。

心もからだも健やかに過ごしていくためには、毎日にほっとゆるむ「回復」の時間を過ごすことが大切です。

たとえば、少し疲れを感じた時に、ハーブティーを飲んで心身を休めるリラックスタイム。
辛いこ

もっとみる