soarからのお知らせ

10
ノート

“優しい回復の時間”を日常に届けたくて、「soar tea」をつくりました #soartea

こんにちは!soar代表の工藤瑞穂です。

12/6に、soar初めてのプロダクトである「soar tea」をリリースすることになりました!

これまで3年間、soarはNPO法人として、「誰もが自分の可能性を活かして生きる未来をつくる」ことをビジョンに活動してきました。活動の軸は、ウェブメディア「soar」。「人の可能性が広がる瞬間」をテーマに、障害や病気、LGBTや貧困など、様々な困難や人との

もっとみる
soarを応援いただきありがとうございます!
78

大切にしているのは“正解を提示しないこと”。soarライターが執筆への思いを語りました

10月1日(月)に「ライティングで大切なこととは」をテーマにsoar Facebook LIVEを開催しました!当日はsoar代表の工藤瑞穂と、soarライターのニシブマリエ、八ツ本真衣の3名でたっぷりとお話しました。今回は、当日お話した内容の一部をお伝えします!

ふたりがライターを始めたキッカケは?

工藤瑞穂(以下、工藤):今回は、メディアを支えるsoarライターに取材の裏側や記事執筆への思

もっとみる
soarを応援いただきありがとうございます!
33

ferret創刊編集長・飯髙悠太さんが、soarのWebマーケティングアドバイザーに就任!

インターネットをつかって、困難に直面した人をサポートすること。そして、誰もが自分の可能性を活かして生きる未来をつくること

ウェブメディア「soar」を運営するNPO法人soarが、このビジョンの実現に向けて力強く一歩を進めていくために、外部のアドバイザーに就任していただくことになりました!

アドバイザーの第一弾として決定したのは、株式会社ベーシック執行役員であり、Webマーケティングのノウハウ

もっとみる
soarを応援いただきありがとうございます!
57

一人ひとりの「物語」を本を読むように味わうことが誰かの“回復”につながる

悩みがあったときに、この悩みを抱えているのは自分だけな気がした経験はありませんか?周囲の人に気持ちを伝えられず、悩みを抱え込んでしまったことが、誰しも一度はあるのではないかと思います。

私も新卒で入社した会社をやめたいと思ったときに、どんどん問題が大きくなり、なかなか周りに頼ることができずにいた時期がありました。悩みを相談できた時の安心した気持ちを今でも鮮明に覚えています。

先日行われた「so

もっとみる
soarを応援いただきありがとうございます!
32

soarで働くやりがいとは?事務局・編集部スタッフが仕事内容や活動に対する思いを語りました

6月28日(木)に「soarで働くこと」をテーマにsoar Facebook LIVEを配信しました!登場したのはsoar代表の工藤瑞穂と、編集部メンバーの松本綾香、事務局メンバーの粟田智美の3名です。今回は当日どんなことが話されたのか、中身を一部お伝えします!

工藤瑞穂(以下、瑞穂):今回は、soarの具体的な仕事内容であったり、やりがいをお話していけたらと思います!

soarに関わるように

もっとみる
soarを応援いただきありがとうございます!
17

soarとissue+designが考える「小さな声が生み出す未来の可能性とは?」

「多様性の溢れる社会を目指そう」そんな言葉を聞く機会が増えました。

しかしながら、それに向かってどのように行動していけばよいのかわからず、試行錯誤している方や企業も多いのではないでしょうか。

そんな方たちに向けて、soarと社会課題をデザインの力で解決してきたissue+designで、6/29(金)にイベント「Design for Minority」を開催しました。soarとissue+de

もっとみる
soarを応援いただきありがとうございます!
10

“新たな文化を伝えていく”NPOが情報を発信することで生み出すもうひとつの価値

小さな物語を紡ぎ、その情報をみんなが見ることができる。データの蓄積をしているのがsoarのすごさですよね。

そんな素敵な投げかけからはじまった6月6日(水)のイベントは、以前soarの記事にも出ていただいた今井紀明さんが運営する認定NPO法人DxP(ディーピー)とsoarの共催で行いました。

今回のイベントのテーマは、「“発信”が生み出すコミュニティ」。情報発信をしていくことでうまれる新しい人

もっとみる
soarを応援いただきありがとうございます!
34

LITALICO、cotree、soarで考える「困難のあるひとをインターネットで支援するには?」

何か情報を知りたいとき、まずはインターネット上で検索をする方が多いのではないでしょうか。インターネットは情報を得るためのツールとして、今やなくてはならないものです。

「soar(ソア)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく活動を行なっています。ウェブメディアsoarの運営、イベント、活動説明会などの様々なかたちで発信していくことで、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出します。

L

もっとみる
soarを応援いただきありがとうございます!
97

「情報を届けることで、社会の“空気感”も変えていく」理事が考えるsoarの持つ価値と、これからのこと

6月3日(日)に、この1年間の活動をご報告するsoarサポーター限定の「活動報告会」を開催しました。今回は当日の内容を一部ご紹介いたします!

1年間のsoarの活動について

非営利団体向けのサービス提供も行っているサイボウズの素敵なオフィスで行われた報告会には、カラフルなお菓子や飲み物を用意し、皆さまをお迎え!soarサポーターや、これまでsoarの記事にでていただいた方々、約60名が参加して

もっとみる
soarを応援いただきありがとうございます!
29

soar編集部ってどんな人が働いてるの?メディアへの想いとsoarの日常をご紹介します

5月16日(水)に「soar編集部の日常」をテーマにsoar Facebook LIVEを配信しました!登場したのはsoar代表の工藤瑞穂と、編集部メンバーの馬場加奈子、野田菜々の3名です。今回は当日どんなことが話されたのか、中身を一部お伝えします!

工藤瑞穂(以下、瑞穂):今回は、編集部にどんな人がいるのか、どんなことをしているのかお話できればと思います!

馬場加奈子(以下、加奈子):編集部

もっとみる
soarを応援いただきありがとうございます!
21