#soar_event

35
soarのクラファンイベントで体温が上がった話

soarのクラファンイベントで体温が上がった話

前に進むために必要なのは、小さな「いいね」や「わかるよ」や「すきだよ」なんだろうな。そして、自分の「いいよね」「すきだな」は、やっぱり大きな推進力だ。そんなことを思った2時間だった。 ◇ クラウドファンディングで、目標額の800万円を達成し、ネクストゴールの1000万円をも突破したsoar。わたしも微力ながらはじめて支援をした。今日は、そのクラウドファンディングの支援者のためのトークイベントだった。 ゲストはヘラルボニーの松田さんと、やる気あり美の太田さん。ヘラルボニー

14
情報をつなぐやさしいメディア ”soar”

情報をつなぐやさしいメディア ”soar”

soarというウェブメディアがある。 まだ生まれて4年ほどのウェブメディアだけど、たくさんのマイノリティや難病患者のエピソードを取り上げ、同じ困りごとを抱える人に希望を与える記事を、とても丁寧に書いている。踏み込んだ内容ながらも、きちんと向き合い寄り添ったやさしさが感じられるメディアだ。 水色の空がきれいだ。希望を与える、というのは少しおこがましいかもしれない。けれど、私たちは、きれいな水色の空に希望を見出すことがある。 なにか直接的に助けるわけじゃなくても、空の色がただ

17
「自分たちらしい編集部」に大切なこと

「自分たちらしい編集部」に大切なこと

「『自分たちらしい編集部』どうつくる?」 メディアの運営に関わる人だったら、必ず通ったことがある問いだろうと思う。日々いろんなメディアが生まれては消え、生まれては消え……。みんなどうやって読者に愛されるメディアをつくっているのか。 1月28日の夜、サイボウズ@日本橋であったトークイベントに行ってきた。 個人的に大注目している「サイボウズ式」と「soar」の人たちの話が聞けるなんて、めったにない機会。どっちも「あぁ、あのテーマを扱っているサイトね」ってイメージがしやすいメディ

31
対話は難しい…

対話は難しい…

サボっていた訳ではなく、誰も投稿を期待してない中で一人でも多くの方に読んでいただくためにあれこれ考えていたら月日が経っていました。 という訳でいきなりのtwitterのリンクを貼り付けてみます。 この言葉の展開にグッときました! 「共話」初めて聞く言葉です。 12月8日に東京で開催されたsoar conferenceに参加しました。テーマは「語り」 ゲストは浦河べてるの家の向井地さん、そしてドミニク・チェンさん、しょうぶ学園の福森さん、勉強家の兼松佳宏さんという私にと

15