#soar_event

36

対話は難しい…

サボっていた訳ではなく、誰も投稿を期待してない中で一人でも多くの方に読んでいただくためにあれこれ考えていたら月日が経っていました。 という訳でいきなりのtwitterのリンクを貼り付けてみます。 この言葉の展開にグッときました! 「共話」初めて聞く言葉です。 12月8日に東京で開催されたsoa…

障害者と表現活動

「彼ら知的障害者を一生懸命”普通”になるようにして厳しい世の中に送り出すより、ありのままでいられる場所でいてもらったほうが幸せなんじゃないかと思う」 そんなことを、鹿児島にある福祉施設「しょうぶ学園」の施設長の福森さんがお話していた。2〜3年前の夏に友人と観たドキュメンタリーだ。特…

(31日目)自己のマイノリティに気づく旅

人間の根幹はその個々のマイノリティにあると思う。 表層はしっかりと厚い壁があっても、その中には個々のマイノリティな部分が眠っており、みなは「普通であろう」と必死にそれを隠し、生きている。 ただ、その個々のマイノリティがふいに現れたとき、その人が急に輝いて見えることがある。マイノリ…

その人らしさが立ち上がる、居場所のつくりかた

久しぶりにsoarのイベントに行くことが出来ました。 その人らしさが立ち上がる、居場所のつくりかた 「工房まる」の施設長の吉田修一さん 「NPO法人まる」代表の樋口龍二さん リビングワールド代表・働き方研究家の西村佳哲さん soar編集長の工藤瑞穂さん 西村さんの最新刊「一緒に冒険をする」…

やさしい世の中にしたい(soarイベントに寄せて)

昨日は「soar human library」というイベントで、7名のゲストのひとりとして登壇させてもらいました。 「話し手の人生を「本」に見立てて、これまでの経験や想いについて、参加者とじっくりと話し合う」 という素敵なコンセプトのイベント。今までsoarのイベントにはたくさん参加させてもらってい…

ちいさなやさしさにふれたから

今日これから仕事なのでいいかげん寝なきゃ、と布団をかぶってからすでに2時間は経過してそうなので、あきらめてnoteを書くことにします。 昨日は待機で仕事も入りそうになかったので、リハビリを済ませてから家仕事をして、さてどうしようか、、、とネットをひらいた矢先に「STARTUP HUB TOKYO」の存…