#soar_event

36
「自分たちらしい編集部」に大切なこと

「自分たちらしい編集部」に大切なこと

「『自分たちらしい編集部』どうつくる?」 メディアの運営に関わる人だったら、必ず通ったことがある問いだろうと思う。日々いろんなメディアが生まれては消え、生まれては消え……。みんなどうやって読者に愛されるメディアをつくっているのか。 1月28日の夜、サイボウズ@日本橋であったトークイベントに行ってきた。 個人的に大注目している「サイボウズ式」と「soar」の人たちの話が聞けるなんて、めったにない機会。どっちも「あぁ、あのテーマを扱っているサイトね」ってイメージがしやすいメディ

31
「I起点」の編集方針を、「Our視点」にアップデートすることの強さ

「I起点」の編集方針を、「Our視点」にアップデートすることの強さ

soarさんとサイボウズ式でイベントを実施した。イベント内容は、こちらのTogetterをどうぞ。 soarを立ち上げた工藤さん。立ち上げ当時は貯金を切り詰めて、メディアを運営していた。いまは600人を超える寄付サポーターがいる。工藤さんの思いがメディアを形作り、読者が応えている。 工藤さんは編集長として、書き手とのやりとりもしているそうだ。書き手に対して、「この原稿には魂を込めているか?」を問いかける。魂を込めた原稿は、情報ではなく、感情を伝達するものになるはず。 感

28
soar×サイボウズ式「自分たちらしい編集部」をどうつくる? イベントに参加して感じたこと #サイボウズ式とsoar

soar×サイボウズ式「自分たちらしい編集部」をどうつくる? イベントに参加して感じたこと #サイボウズ式とsoar

(今回のnoteは、1月28日に開催されたイベントレポートです。) " 社会的マイノリティ"にスポットライトを当て、人の可能性を紹介するメディア「soar」と、"新しい価値を生み出すチームのメディア"として働き方などをテーマに情報を発信するオウンドメディア「サイボウズ式」によるイベント・「自分たちらしい編集部」をどうつくる? が、1月28日(月)に開催されました。 イベントを企画した大島悠さんはサイボウズ式第2編集部(サ式)のメンバー。今回のイベント運営は、soar編集部

16
みんなで一緒になってつくる未来。soarさんサポーターミーティング参加致しました。

みんなで一緒になってつくる未来。soarさんサポーターミーティング参加致しました。

人が持つ可能性に光を当てて、 その可能性が広がる瞬間をとらえて伝えていく。 そして、全ての人がちゃんと人として尊重され、 自分の持っているものを活かして 生きていくことができる未来。 そんな活動、発信を行っているsoarさん。 そのsoarさんでは 「サポーター」と呼ばれる寄付会員からの 寄付によって運営をされています。 私ももちろん、寄付を行い サポーターになっています。 一昨日2月16日に開催された、 「soarサポーターミーティング」に 参加してきました。 so

4