soar

「soar(ソアー)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく活動です。様々なかたちで発信していくことで、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出します。誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を願って。 http://soar-world.com

soar

「soar(ソアー)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく活動です。様々なかたちで発信していくことで、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出します。誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を願って。 http://soar-world.com

    マガジン

    • soarサポーターからの応援の声

      soarサポーターのみなさんからいただいた応援の声をまとめています。 soarサポーターの詳細についてはこちら👇 http://donate.soar-world.com/

    • soarからのお知らせ

      イベントの登壇情報やオンラインでのLive配信など、soarからみなさんへのお知らせをまとめていきます。 http://soar-world.com/

    • #私の回復じかん

      ハッシュタグキャンペーン「#私の回復じかん」のコラムを集めました。

    • soar応援の声

      • 83本

      soarメンバーやsoarを応援してくれているみなさんが、soarに対しての思いを綴ったコラムをまとめています。

    • #やさしさってなんだろう

      2018年10月から行なったハッシュタグキャンペーン「#やさしさってなんだろう」のコラムを集めました。

    最近の記事

    【活動レポート】2022年上半期の活動状況をまとめました #soar

    こんにちは、NPO法人soar事務局スタッフの河野です。いつもnoteを読んでいただき、ありがとうございます。こちらのnoteでは、告知やお知らせ以外にもメディアやイベント、その他団体運営上の様々な活動状況をお知らせしていくレポートを毎月投稿していきたいと考えています。 soarが目指すビジョン・ミッションや活動について、より知っていただく機会となれば嬉しいです。 今回は、2022年前半の主な活動状況をご紹介します! メディア運営について2022年1月から8月まで、11

    スキ
    2
      • 7月25日(月曜日)soar オンラインイベント「ウェブメディアの運営を語る」開催!

        NPO法人soarは、"誰もが自分の持つ可能性を活かして生きる未来"というビジョンの実現を目指し、ウェブメディア「soar」を軸としながら、学びの場づくり、企業や学校とのプロジェクトなど、様々な場で活動を広げてきました。 とりわけウェブメディアでは、様々な環境のなかで自分らしく生きる人々の歩んできた道のりや、困難に出会った人たちをサポートする活動や関わる人々の想い、生きるうえで必要となる様々な知識や智慧などに光を当て、人々がいつでも必要な情報に出会える「情報のセーフティネッ

        スキ
        12
        • 「soarは僕らを癒し、ひとりにしません」太田尚樹さん/ #soar応援 コメント

          ①名前 太田尚樹 ②所属 LGBTエンタメサイト「やる気あり美」編集長 ③なぜサポーターをしているのか 生きていると、思いがけない病や怪我に見舞われることがあります。 それらから経験することは「痛み」だったり「苦しみ」だったりいろいろとありますが、共通している一番の苦難は「孤独」にあると僕は思います。孤独を癒すのは、自分以外の“当事者”との出会いより他にありません。 soarが“当事者”の方々から手渡された物語は、 順風満帆に生きる人々にとっては、 見えないくらい小さな

          スキ
          20
          • 「あるべき未来を描いてくれるのがsoarというウェブマガジン」植原正太郎さん/soar応援コメント

            ①名前 植原正太郎 ②所属 NPO法人グリーンズ COO ③なぜサポーターをしているのか 普段は「greenz.jp」を運営しています。社会課題に対峙する非営利メディア事業を行うことの難しさについてはよく理解しています(笑) そして「応援する」ことの意義についても同時に。収益を求めるのではなく、公共的な価値を追求するメディアこそ、一人ひとりが寄付で支える意味があると思ってサポーターをさせてもらっています◎ ④好きなsoarの記事 「夫がくれた腎臓が、今の私を笑顔で生か

            スキ
            10

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • soarサポーターからの応援の声
            soar
          • soarからのお知らせ
            soar
          • #私の回復じかん
            soar
          • soar応援の声
            soar 他
          • #やさしさってなんだろう
            soar
          • soarスタッフインタビュー
            soar

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2月16日(火曜日)まで!メディア運営業務を行うsoar編集部スタッフを募集します

            soarでは、メディア運営や編集、ソーシャルメディアの活用、団体の広報を通して、soarの活動を支える編集部スタッフを募集します。 NPO法人soarについて「誰もが自分の可能性を活かして生きる未来をつくる」というビジョンを掲げ、困難のある人へのサポート情報を提供するウェブメディア「soar」の運営を軸としながら、イベント企画運営、企業・行政・教育機関での協働事業や研修・講演など、様々なかたちで情報を発信し、よりよい未来を実現するアクションをしています。 私たちの活動は、

            スキ
            39

            2月12日(金曜日)soar編集部スタッフ採用説明会を、オンラインで開催!

            ウェブメディア「soar」の運営を軸に活動している、NPO法人soar。私たちは2017年1月にNPO法人格を取得して以降、「誰もが自分の可能性を活かして生きることができる未来」を目指し、様々な活動を展開しています。 新型コロナウイルスの影響で対面での取材やイベント開催が難しくなってしまった時期もありましたが、オンライン取材やオンラインイベントに切り替えて、活動を続けてきました。 また、その他にもこの一年でブレンドハーブティー「soar tea」の企画販売、株式会社リブセ

            スキ
            15

            2月9日(火曜日)まで!soarの活動を共に広げるインターンメンバーを募集します

            soarでは、メディア運営や編集、広報活動やファンドレイジング業務、イベントの企画運営、SNSの活用等を通して活動を支えるインターンメンバーを募集します。 NPO法人soarについて 「誰もが自分の可能性を活かして生きる未来をつくる」というビジョンを掲げ、困難のある人へのサポート情報を提供するウェブメディア「soar」の運営を軸としながら、イベント企画運営、企業・行政・教育機関での協働事業や研修・講演など、様々なかたちで情報を発信し、よりよい未来を実現するアクションをしてい

            スキ
            18

            2月24日(水曜日) 「代表理事の工藤が語る、soarの創業ストーリー」〜soar活動説明会

            “誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来”の実現を目指し、ウェブメディア「soar」をはじめとして多様な活動を展開しているNPO法人soar。 「多様な活動内容や、これから目指していきたい未来を、より多くの方に知っていただきたい」という思いから、定期的に説明会を開催しています。 今回の活動説明会はオンラインで開催します!遠方にお住まいの方やこれまで参加できていなかった方、ご自宅でゆっくり話を聞きたい、語り合いたいという思いをお持ちの方も、ぜひこの機会にご参加くだ

            スキ
            25

            2月18日(木曜日)「#やってみよう当事者研究」第7回オンライン当事者研究会開催!

            soarでは2020年5月、一人ひとりの困りごとや、その対処法を仲間とともに語り・考える「当事者研究」を広めていくプロジェクト「#やってみよう当事者研究」をスタートしました。 困りごとを仲間と一緒に研究する。「 やってみよう当事者研究 」プロジェクトはじめます! 毎月開催しているオンライン当事者研究会で、様々な困りごとを参加者のみなさんと共に考えていきます。 「当事者研究」とは? 2001年に統合失調症などの精神疾患がある人たちが暮らし働く場所「べてるの家」から始まっ

            スキ
            20

            ウェブメディア「soar」の6年目がスタート!#soar応援 のメッセージとともに新年のご挨拶

            2021年、あけましておめでとうございます! 昨年は社会の大きな変化に伴い、soarはメディアやイベント運営はもちろん、チームのあり方も含めて、日々対話を続けながら活動してきた1年でした。 そうしためまぐるしい変化の中でも、soarを読んで勇気をもらった、新たな気付きがあった等、読者のみなさんからの感想をたくさんいただき、よりみなさんの生活によりそっていきたいと、いっそう強く思いました。 あらためて、いつもsoarを応援いただき、本当にありがとうございます! soar

            スキ
            19

            12月25日(金)21時〜22時、 #soar応援 キャンペーン最終日!ライブ配信を開催します!

            11月25日よりスタートした、soarサポーター入会850人を目指す「 #soar応援 」キャンペーン。これまでの新規サポーター入会数は50人を越え、現在の総サポーター数は839人となりました。目標の850人まで、あと11人です!(2020年12月24日現在) たくさんのシェアや応援のメッセージ、本当にありがとうございます! メンバーや読者の皆さんからの #soar応援 コラムはこちら 入会キャンペーンの最終日となる12月25日(金曜日)21時から22時に、再度#soa

            スキ
            3

            「チームで弱さを共有したら、個性を生かしあう“余白”が生まれた」soar事務局スタッフ・河野奈保子

            「人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく」をコンセプトに活動するNPO法人soar。ウェブメディアを通して、様々な人たちの経験や活動を紹介してきました。 そっと誰かの心に寄り添う。そんなメディアのイメージがあるsoarですが、その印象と重なるのが、事務局スタッフとして働く河野奈保子さんです。 みんなから「Qちゃん」の愛称で親しまれる彼女。 何を隠そう私は、Qちゃんと以前の職場で一緒に働く同僚でした。さらに、「Qちゃん」の愛称の由来ともなっている彼女の旧姓での名前と

            スキ
            63

            1月19日(火曜日)soarメンバーが語る活動理念と組織の文化〜soar活動説明会

            soarは2015年12月22日にウェブメディア「soar」をリリースし、2017年1月23日にNPO法人化をしました。 "誰もが自分の持つ可能性を活かして生きる未来"の実現を目指し、ウェブメディア「soar」を軸としながら、学びの場づくり、企業や学校とのプロジェクトなど、現在様々な場で活動中です。 「多様な活動内容や、これから目指していきたい未来を多くの方に知っていただきたい」という思いから、活動説明会を開催しています。 今回の活動説明会は、オンラインで開催します!遠

            スキ
            21

            12月15日(火) 21時〜21時30分、#soar応援 キャンペーン、ライブ配信を開催!

            soarサポーター入会850人を目指す「 #soar応援 」キャンペーンを開始して、2週間が経ちます。これまでの新規サポーター入会数は16名、現在の総サポーター数は808名となりました。目標の850名まで、あと42名です(2020年12月8日現在) たくさんのシェアや応援のメッセージ、本当にありがとうございます! 寄せられた応援の声を一部ご紹介します。 記事の印象的な言葉や感想、soarのあり方についてまで、様々な側面から共感を頂いていることを、私たちもあらためて知るこ

            スキ
            8

            【応援ありがとうございました!】soarサポーター、862人になりました!#soar応援

            11/25〜12/25の #soar応援 キャンペーン終了しました!当初目標であった850人、ネクストゴールの860人も達成しました。本当にありがとうございました!これからもより多くの、人の可能性をひらいていく活動を広めていきたいと思います! こんにちは!soar代表理事、soar編集長の工藤です。 2020年12月22日でsoarはメディアオープン5周年を迎えます。2015年からスタートしたsoarは、「人の可能性が広がる瞬間を捉えるウェブメディア」をコンセプトに、様々

            スキ
            58

            代表・工藤のインタビューが『明日 わたしは柿の木にのぼる』ウェブマガジンにて公開されました!

            soarの組織づくりで大切にしている「弱さの共有」、その具体的な実践や、心とカラダのケアに至るまでじっくりお話させて頂きました。 ぜひご覧頂ければ嬉しいです! 一人ひとりの弱さと感情に光を当てて、寄り添い合って進む **** 寄付のお願い soarの運営は、サポーター会員のみなさんのご寄付で支えられています。

 ぜひ月1000円から参加できる「soarサポーター」に参加していただけないでしょうか?ご寄付はサイト運営費、記事制作費等に使わせていただきます。

 会員の

            スキ
            9